南国コラム

【悲報】XRPがヤバい価格になる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
あまり調子の振るわない仮想通貨市場で
最近、機嫌が悪いハルサーです。

早速、この記事を見ているアナタに質問です。

 

Q.今現在、保有している仮想通貨(暗号通貨)の銘柄はなんですか?
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
はい。あくまでもいち企業が格付けした結果なので
あまり一喜一憂してほしくないのですが、

以下の興味深い記事をご覧ください。

 

 

 ビットコインとモネロが大幅に高騰すると予想 

 

 

ニューヨークに拠点を置く
ICOコンサルタント企業Satis Groupは、

日本時間8月31日に仮想通貨市場の格付けをしました。

 

 

今後5年間のマーケットトレンドを予測したものとなります。

 

主な分析概要は、以下のようになります。

 

世界における経済活動を支えるため、
仮想通貨市場全体の時価総額は、

2019年の5,000億ドル(予想値)から
2028年までに3.6兆ドル規模まで膨れ上がる必要が考えられる。

 

 5年間で最も価値が向上する通貨 

 

ビットコイン 約1000万円
モネロ    約200万円
DASH      約21万円

 

などを筆頭に、新しい価値の組み合わせを提供する通貨である。

 

 5年間で価値が低下する通貨 

 

ビットコインキャッシュ 約3万円

 

実にブランド名を引き継ごうとしながらも、技術的優位性で本家に劣る通貨。

 

 わずかな価値を有する通貨 

 

リップル  約1円

 

中央集権的所有権や承認システムを持ち、
独自のブロックチェーンに必要とされず、誤解を招くようなマーケティングで発行される通貨

 

上昇が期待される仮想通貨市場の90%以上の資金は、
オフショア(租税環境を優遇しているエリア)預金市場から流入される。

 

出典:Statis Research

 

特筆すべきは、匿名性通貨のモネロ(XMR)です。

王者ビットコインを抑えて約17,887%の高騰率で、

最も躍進する通貨と予想されました。

 

モネロはdAppsのような実用性を持つのではなく、

匿名通貨として、プライバシーを保てる特徴が重宝されるとの理由です。

 

王者のビットコインに関しては、

96,000ドルの価格(1.5兆ドル以上の時価総額)で、

ランキング首位を独走するとされます。

一方で、

リップル(XRP)やエイダコイン(ADA)ステラ(XLM)は、

5年後には90%以上の価値を失うのではないかと予想されています。

 

さらにビットコインキャッシュは、

-52%、イオスも-29%と大幅に縮小すると見込まれています。

 

大胆な予想を展開した研究結果については、

以下のように記されています。

 

仮想通貨のネットワークにおいて、

オーガニックな成長とコミュニティの拡大を伴う通貨(ライトコイン等)に価値の向上が見られる。

 

その一方で、ブランドに対する認識を阻害し、

普及率の上昇を見込めないフォーク通貨(ビットコインキャッシュ等)は、価値の低下が考えられる。

 

 

以上の結果を踏まえて今後の仮想通貨投資に役立てて頂けたらとおもいます。

 

アメリカで一年の歳月を要して開発された

「crypto messenger

遂に日本初リリース!!!
“事前登録者のみ無料でツールの利用が可能。

(期間終了後は500USD

事前登録は画像をクリック↓

【注意】

事前登録しない場合、月額500USD発生します。

事前登録の申込のみ、永久無料ご利用可能です。

 

【暗号通貨ジャーナリストが情報を暴露しまくる!】

友だち追加
南国大学の活動に賛同して下さる方、
これから色々な事に挑戦していきますので
お気持ちを届けてみませんか?

ビットコイン受け取りアドレス:0xA5F63A6be605eC4A47190fb9634FD9291d863B4C

このページをシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*