未分類

【衝撃】記念コインの”フェニックス” 裏の意味がヤバかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天皇陛下の御在位30周年を記念して

記念貨幣が造られることが発表されましたね。

 

1万円硬貨と500円硬貨の

2種類が発行される予定です。

 

オンラインで申込み受付が開始されており

既に予約が殺到しているようです。

 

先日デザインも発表になりました。

 

1万円コインは

表面には鳳凰

裏面には菊花紋章が描かれています。

 

500円硬貨は

表面に儀装馬車

裏面に菊花紋章が施されています。

 

おっと

ここで勘の良い方や

当ブログの読者の方は

すぐにピンと来たのではないでしょうか?

 

そうです

時代の変わり目や

徳の高い知性の優れた者が誕生するときに降臨すると言われる

”鳳凰”がここでも登場します。

 

鳳凰が持つ意味については

以前のブログでも深くお話しています。

【信じるものは億り人!】2018年のICOの成り行き予言

 

ありとあらゆる節目である2018年。

 

天皇陛下御在位30年

明治150年

暗号通貨元年(2017~2018)

量子コンピュータやAIなど知的生命体の爆発的普及

 

数多くの大きな出来事が重なっています。

これを偶然で片付けるには少し無理があります。

 

2018年は

間違いなく時代の変わり目であり

色々な意味で新しい時代に突入して行く年です。

 

 

これでもか、と言わんばかりに

記念硬貨に大きく鳳凰が描かれている理由はここにあります。

 

30年前の1988年

エコノミストのある記事で

”今から将来的にフェニックスコインは国を超えて使用されることになるだろう”

という趣旨の文が記載されています。

 

今年2018年は

その記事の発行からちょうど30年です。

そしてその記事の予言どおりに

鳳凰(フェニックス)が刻印された通貨が発行されたのです。

 

これはもちろん偶然ではなく

30年も前から計画されていた事なのです。

 

”国を超えて使用される”

というのはもちろん暗号通貨のことを指しています。

 

記念コインで日本天皇を祝うと同時に

通貨革命の年であるという事も示唆しています。

 

ではなぜ暗号通貨時代突入の2018年に、

法定通貨である日本円に鳳凰(フェニックス)が刻印されているのか。

 

それは

世界を裏で操っていると言われる秘密結社のイルミナティや

資産の単位が”兆”ではなく”京”であると言われるロスチャイルド家と

日本天皇、ひいては日本国との繋がりから見えてきます。

 

日本の1万円札に散りばめられているイルミナティのシンボルの数々、

日本天皇家とロスチャイルド家の紋章の酷似性、

日銀株の保有割合、

すべてが監視されているビットコインの総取引量世界一の日本、

etc..

 

法定通貨を管理するIMFを裏でコントロールしているとされ

暗号通貨時代になっても、通貨を牛耳り続けると言われているイルミナティ。

 

日本の記念コインに鳳凰(フェニックス)を刻印されているのは

もはや当然のことのように思えます。

 

1万円コインが13万8千円で売られているのにも関わらず

日本中から注文が殺到しています。

 

まるで一時期

裏で操らているとはつい知らず

ビットコインを訳も分からず買い漁り

束の間の”億り人”の夢を見せられていた頃のように。。。

 

 

【暗号通貨ジャーナリストが情報を暴露しまくる!】

友だち追加
南国大学の活動に賛同して下さる方、
これから色々な事に挑戦していきますので
お気持ちを届けてみませんか?

ビットコイン受け取りアドレス:0xA5F63A6be605eC4A47190fb9634FD9291d863B4C

このページをシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*