未分類

【衝撃発言】Ripple社のCEOのリップル大胆予想 ※今だけ無料のプレゼントあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日で1000リップル受け取りを可能にする

「リップルブースター」を今だけ無料でプレゼントします

 

これを見ている方に

特別の提供となりますので

 

7分以内に急いで入手してください

下の画像をクリック↓

Ripple社のCEOを務める

ブラッド・ガーリングハウス氏は、

 

CNBCのインタビューに答え、

来年には数十の銀行がXRPを採用するだろうと発言しました。

 

ブラッド氏はxRapidが
より多くの金融機関で使用されると期待。

 

そんな、リップルより話題の
Ripple社は銀行間の国際送金に関する解決法を提供しており、従来の送金方法よりも早く、安く行えるため、すでに多くの金融機関で採用されています。

 

この解決法は多くの仮想通貨を支えているブロックチェーン技術を用いて構成されています。

 

 Ripple社が提供している解決法の一つにxRapidがあります。 

 

これは、成長途中の市場で事業を展開する企業向けのプロダクトです。

 

そのような市場において

送金を行う際には、事前に現地の通貨を用意しておく必要があることもしばしばあります。

 

しかし、xRapidではその必要はなく、

XRPを介して送金をすることでより

簡単にコストを抑えて送金することが可能になります。

 

 

ブラッド氏は2019年末までに

多くの金融機関がRipple社のクロスボーダー送金ソリューションを採用するとしています。

 

CNBCのインタビューに答え、

以下のようにコメントしました。

 

「私はこれまで述べてきたように、今年度中には大手の銀行がXRapidを流動性確保のツールとして採用するという確証を得られるだろう」

 

とても頼もしいお言葉です。笑

 

 

この言葉を聞いてリップラーが多い
南国生たちはとても晴れやかな気持ちです。

御一緒に心身の浄化もいかがでしょうか?

 今回のまとめ 
1.Ripple社のCEOが来年には数十の銀行がXRPを使うようになると発言
2.同氏の発言の根拠はxRapidがより多くの企業や金融機関で使われるようになるという予想

3.xRapidは成長途中の市場への送金をより早く、安く行うためのソリューション

 

 

P.S

米国政府高官クラスといった
超上級階級だけが知っている極秘リスト

必然的に起こる確定未来が記された
極秘インサイダー情報がまとめられている
そんなシロモノを特別に、

 

先着200名限定で公開いたします。

 

急いで入手をオススメします

下の画像をクリック↓

質問や南国入学のご希望がありましたら

LINE@かコメントにてお待ちしております!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新のICO情報、仮想通貨情報を受取りたい方は

ぜひ下記から友だち追加してみてください!

友だち追加

【有益な情報を毎日配信中LINE@】

◀南国大学沖縄LINE▶
ID : @cab3659k
南国大学沖縄LINE@はコチラ

◀南国大学仮想通貨サークル▶
ID : @ekt8875h
南国大学仮想通貨LINE@はコチラ

【チャンネル登録お願いします!】

吉川将大YouTubeチャンネルはコチラ

【南国大学の生活って?】

南国ブログはコチラ

【南国大学instagram

http://nangoku.link/r/m823006

【南国大学沖縄facebook

いいね!リクエストはコチラ

【南国大学twitter

最新情報を配信中ココをクリック

【南国大学17 Live(イチナナ)】

南国大学の生活の裏側を生配信中

 

【暗号通貨ジャーナリストが情報を暴露しまくる!】

友だち追加
南国大学の活動に賛同して下さる方、
これから色々な事に挑戦していきますので
お気持ちを届けてみませんか?

ビットコイン受け取りアドレス:0xA5F63A6be605eC4A47190fb9634FD9291d863B4C

このページをシェア

コメントを残す

*