ビットコイン取引量:世界一は”円”ではなく”米ドル”だった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいさーい!

日本の皆さん、こんにちは

泉咲良です!

 

私は今まで完全に騙されていたようです。。

 

ビットコインの取引量において

長い間、日本が世界一と発表されていましたが

最近の発表によると、

どうやら日本円が世界一位ではないかもしれない、とのことです。

 

 

アナリティクスサイトである

CryptoCompare と Coinhillsの発表では

全世界でのビットコイン取引量は

日本円が50%以上を占めていました。

 

しかしこれらの取引きの多くは

ビットコインの”現物取引”ではなく

”派生物”も含めていたのです。

 

つまり、円とビットコインが直接取引されるのではなく

ビットコインの価格に対して円を支払ったり投資をしたり

ということも取引に含まれて算出されていたんです。

 

ビットコインの派生物を扱う取引きを

ビットコインと円の取引きと断言してしまっていいのかは

定義の問題で、現在はあやふやです。

 

円が世界一でないとすると

世界一はどこの通貨でしょうか?

 

それは、米ドルです。

 

米ドルとビットコインの現物取引は

円とビットコインのそれを遥かに上回っています。

 

2017年の7月のある日をランダムに調査した結果、

米ドル-ビットコインの全取引量は80億ドルでした。

 

対して日本は20億ドルだったそうで

遥かに下回っています。

 

現在では

調査の方法や定義があやふやなせいで

完全に正確なデータを出せていないのが現状です。

 

近い将来、

これらが明確になっていき

正しいデータがはじき出されるでしょう。

 

いろいろな情報が入ってきますが

間違った情報に流されないためにも

何が本当に正しいのかを見極める”目”が

とても大事になってきます。

 

日頃からその”目”を養うための

訓練をしていきましょう!

 

参照:Data Shows US Dollar, Not Japanese Yen, Is Dominating Bitcoin Trade

https://www.coindesk.com/data-shows-us-dollar-not-japanese-yen-is-dominating-bitcoin-trade/

 

仮想通貨のスペシャリストが

有益な情報を毎日配信中!

友だち追加

 

暗号通貨の最終兵器を手にしたい方はこちら!(※8月6日まで)

画像をクリック!!

最新の暗号通貨情報を配信中!!

友だち追加

このページをシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*