#107 UPW 1日目〜ゴール達成までの推進力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人が人生のゴールに達成できない理由は簡単です。

最初に一歩を踏み出さないことが大半です。是非今日のテーマの『推進力』を自分のものにする5つにステップをマスターして簡単に簡単にゴール達成ができるようにしましょう!

 

ステップ1:自分の状態を最高の状態(ピークステート)にする。

 

以前の記事でも書いているのでこちらで確認して下さいね!

http://nangoku-daigaku.jp/101%E3%80%80upw-1日目〜人生の質を決定するものは?/

 

ステップ2:自分に情熱できることを見つける。

アンソニーはよくUPWで言っていました。『自分が本当に情熱を持てることを見つけた瞬間に人生を動きだすんだ。』と

極論あなたがお金をもらわなくていいと思えて、それをしなければ私の人生を終えることはできないというレベルのことを見つけることができたら最高の人生を送ることができます。

これを見つけるために僕もアンソニーから受けた質問をシェアしますので、あなたもこの質問に取り組んでみて下さいね!まじで情熱できることが見つかります。

 

①あなたが心から好きなことはなんですか?

 

②あなたが嫌いなことはなんですか?

 

③あなたはどんなことに情熱を感じますか?

 

④あなたが本当に欲しいものはなんですか?

 

上記の質問は抽象的なものでも構いません。例えば欲しいものはモノだけなくて『愛』とか『繋がり』のような目に見えないものでも構いません。

 

ステップ3:決断する、全力を注ぐ、決意する!

 

情熱があるものが見つかったら、それを得るんだ!と強く決意することが重要です。

人生は決断の連続でできています。人の決断させられたと思っていることも最終的には全て自分で決断することが重要です。良質な決断をそれだけで人生を大きく変化させます。

 

ここでもアンソニーから受けた2つの質問をあなたにシェアします。

 

①過去に決断したことで今のあなたの良い影響を与えている2つの事柄をあげて下さい。その決断はどのようにして今のあなたの人生を良いものに変えましたか?またその決断に決めてとなったことは何ですか?

 

②今現在決断しようと思っていること2つの事柄とはなんですか?またこれからの決断はどのようにしてあなたの人生を永遠によりよいものにできるでしょうか?

 

ステップ4:即時に懸命な継続できることを大量行動をすること!

 

キーワードは『大量行動』です!

失敗を恐れてはいけません。あなたの目的を達成するために必要な全てのことをやるくらいの気持ちでとにかく大量に行動することが大切です。

大量行動を取るときのポイントをいくつかあげます。

 

・成功している人に例を使うこと(もしくは例を残せるようにする)

・計画する

・ゴールを決めるまでは動かないで何かをすぐにする

・緊急性を活用する

 

ステップ5:S・M・A・R・Tを使う

 

S・M・A・R・Tとは

 

・戦略をチェックする

・変えてみる

・作り変えてみる

・補強する

・数値化してチェックしてみる

 

のことでいわば軌道修正のことですね。大量行動をとっていると、軌道修正した方がよい部分が出てきます。全てが正しく進むことはほぼありえないので、数字を測って軌道修正しながらまた目標に向けて大量行動することが重要ですね!

以上がゴール達成までの推進力についてのお話でした!

是非5つのステップを活用してあなたの人生の最大の目標に向かって突っ走って頂ければと思います!

 

 

質問や南国入学のご希望がありましたら

LINE@かコメントにてお待ちしております!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新のICO情報、仮想通貨情報を受取りたい方は

ぜひ下記から友だち追加してみてください!

友だち追加

【有益な情報を毎日配信中LINE@】

◀南国大学沖縄LINE▶
ID : @cab3659k
南国大学沖縄LINE@はコチラ

◀南国大学仮想通貨サークル▶
ID : @ekt8875h
南国大学仮想通貨LINE@はコチラ

【チャンネル登録お願いします!】

吉川将大YouTubeチャンネルはコチラ

【南国大学の生活って?】

南国ブログはコチラ

【南国大学instagram

http://nangoku.link/r/m823006

【南国大学沖縄facebook

いいね!リクエストはコチラ

【南国大学twitter

最新情報を配信中ココをクリック

【南国大学17 Live(イチナナ)】

南国大学の生活の裏側を生配信中

 

このページをシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*