社会人と学生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

アーサーです!

 

社会人も2か月をもうすぐ経過しそうです。

よくインターネットの世界で学生が学んできたことは意味がないなどよく聞きますが

本当ということがわかってきました。

 

何点かありますので紹介していきたいと思います。

 

その1 勉強したことが活用できない

小学校に入って大学を卒業した22年勉強を本業にしてがんばってきました。

特に大学生は専門的なことを学んできました。

しかし、社会に入るとその知識は一切いらないなどと言われてしまいます。(場合による)

その2 社会は学校で教えてくれないことを求めてくる

学校で求めている物は数字すなわち成績だ!

学校はたくさんの勉強をさせてくれる。学校はそれを勉強して高得点を求めていきます。

しかし、社会で求められるのはたしかに数字や成績だが一番はお金だ

そのお金の得るやり方を学校では教えてくれない

 

あと1つ

組織内の人間関係(上の人の接し方や後輩の教育)が大切だというのになに一つ教えてくれない。

 

その3 個性がつぶされる

学生の時ときはたまに個性を出すことは良いこと

だから、たくさん個性を出しなさいという教えもある。

学生時代は個性を出せるが社会人になり社会に入ると個性を出していくと叩かれてしまい、注意されてしまうことがあります。

 

まるで周りと同じにしろと言っているように

せっかく学生の時に磨いてきた個性をつぶされるようでもったいないです。

 

以上で自分が社会に入って思ったことです。

多少自分の愚痴が入ってたかもしれませんがおそらく大半の人が同じこと思っているのではないかと思います。

 

学生の時の教えをそのまま社会に持っていくと苦労して混乱する社会人もいると思います。

 

日本の学校教育はだめだという声もありますが、自分は良い教材を貰っているのにそれを活用しづらいのはすごくもったいないと感じています。

 

いつか、学生で学んだことが社会でもフル活用できたら良いなと思います。

 

 

このページをシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*