未分類

【読むだけで天才になれる本?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
読者のみなさん!お知らせがあります
物凄い本に出会ってしまいました!

暇さえあれば本ばかり読んでいる私は
今までの人生で数多くの本に出会い 人生を変える経験をして参りましたが
久々に心にガツンと来る本に出会ってしまいました!


それは


天才を殺す凡人


という本です (著・北野  唯我)


本書は会話形式となっていて
ある会社で巻き起こる様々な出来事がドラマのように進んでいくストーリーなので
非常に読み進め易い一冊となっております


著者の北野氏は 人間には3つのタイプがあると言います


その3つとはズバリ


新しい価値を創造するのが得意な「天才」


再現するのが得意な「秀才」


共感性でまとまるのが得意な「凡人」


です
この本に出てくる話はまるで自分や友人の様子を端から見て書いているかのようにリアルなので
自分自身を登場人物に重ね合わせて読む事が出来るのですが


「どの人物に共感するか」


によって 今の自分自身が天才なのか 秀才なのか あるいは凡人なのかがハッキリと判明してしまう


というなんとも奇想天外な本なのです


因みに今の私に当て嵌まる考え方は


「凡人」


のそれでした


しかしこの本を読む事で
私はこのままでは努力を重ねても辿り着けるのは「秀才」ではあるものの
考え方を変えるだけで如何様にも人生を面白く出来るのだと気がつく事が出来ました


例えば
今まで私は組織の中で仕事をしていくにあたり
仕事をこなすのが遅い事に悩んでいましたが


その理由は
私が共感性だけで纏まればいいという考え方だったからこそ
自ら能動的に動いたり アクションする前の前提を準備したり 


根回しをする事へ意識が向かず
今までの成功例の再現する秀才タイプよりもタスク完了のスピードが劣っていただけなのだと気づき 
久しぶりに目からウロコが落ちる思いになりました


私はいつの間にか面白くもない人間に成り下がってしまっていましたが


単純に「考え方」を変えて行くだけで 
自分の運命や未来を自在に面白くする事が出来るんだと勇気を貰うことが出来たのです!


そして「天才」のようにより新しい価値を生む事に対しての意識や考え方を増やす事で
今まで苦手だったプレゼンをする際に
自分の言葉で何を感じているかをしっかりと相手に伝えられるのだとも気付かされました


この本を読んでわかった事は



人にはそれぞれタイプが有り それぞれが活躍出来る分野も違うので
決して万人が天才になればいいというわけではないという事です


もしあなたがアイディアや発想が乏しい「凡人」であったとしても
凡人らしい属性を生かして企業内のコミュニティでは力を発揮できるからです


私は最後のページをめくり終え
今後自分で面白くする事が出来る未来を想像し


ニヤニヤしながら本を閉じました


これから私は
積極的に面白いことを考える人に近付いて自分の考えをぶつける事で
その人がもつ楽しさや面白さを自分にインストール出来るからです


ぜひあなたもこの本を手にとって
誕生日プレゼントを開けるように
表紙を開いて見てください


きっとこの表紙は
あなたにとって全く想像もつかなかったような最高の人生の1ページ目となる事でしょう

【世の中の裏を知り尽くした金融ジャーナリストが劇裏生情報を暴露しまくる!】

友だち追加
南国大学の活動に賛同して下さる方、
これから色々な事に挑戦していきますので
お気持ちを届けてみませんか?

ビットコイン受け取りアドレス:1Fn4zetSv5qEaM5wJaNcasUFhpUVWkPxLX

このページをシェア

【読むだけで天才になれる本?】

とりあえずこの本を読め

読まないバカは凡人のまま

コメント

  1. より:

    どこに当てはまるか気になったので、購入してみます!

  2. めぐ より:

    そんな本あるんだ!

  3. daikun より:

    知らなかった💦

コメントを残す

*