#64 嫌われる勇気② 〜ありのままの自分を受け入れる〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

②ありのままの自分を受け入れる

アドラー心理学では「ありのままの自分を受け入れることが重要だ」と言っています。

「良い自分」「悪い自分」もそのまま受け入れて下さい。

それらを受け入れた上で、自分がどうなりたいのかを考えてみましょう。

 

またアドラーは自分に価値があると思えるときにだけ、勇気が持てると言っています。

 

勇気が必要となる場面

(1)対人関係に入るとき

これは他人との摩擦を恐れるからです。摩擦の影響が大きいと精神疾患に陥ってしまう場合もありますよね。

ここでアドラーは「あらゆる悩みは対人関係の悩みだ」と言っています。

しかし一方で「生きている喜びや幸せは対人関係の中でしか得られない」とも言っているのです。

幸せを感じるためには、対人関係に向き合う勇気が必要であるということですね。その上で解決策や改善策を探しましょう。

(2)仕事(物事)に取り組むとき

「本気を出したらできるんだけど」とか「あの上司が居なかったら◯◯なのに」なんて言う人周りにいませんか?

彼らはいつまで経っても本気なんて出さないし、上司が居ないところで現状は変わりません。

予想に反する結果を出すのが怖く、可能性の中で生きていたいだけなのです。

本気を出して仮に望ましくない結果が出たところでそれが現実です。そこから始めるしかないのです。

もしあなたが可能性の中で生きているならば、現実の自分に目を向ける勇気を持ちましょう。

 

自分に価値があると思える瞬間

(1)短所や欠点を長所に置き換えたとき

例えば、

「優柔不断」→「慎重に考えすぎる」

「飽きっぽい」→「幅広いことに興味が持てる」

このように自分の短所だと思っていたことを長所に言い換えてみましょう。

今まで気づけなかった自分の価値に気付けるかもしれません。

(2)貢献感があるとき

他人の役に立っていると感じる時、人は自分に価値を感じます。

あなたが他人に貢献していること、他人があなたに貢献してくれていることを考えてみましょう。

またそういった援助を周りの人にするために「ありがとう」という感謝の言葉を伝えましょう。

 

今回お話ししたいくつかのヒントを元に等身大の自分に向き合ってみて下さい。

そうすればありのままの自分を受け入れやすくなると思います。

 

アドラー心理学は一つの体系であるため、腑に落ちない部分もあるかもしれませんが、自分に役立ちそうなところだけを抜き取り参考にしてみて下さい。

 

質問や南国大学入学のご希望がありましたら

LINE@かコメントにてお待ちしております!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新のICO情報、仮想通貨情報を受取りたい方は

ぜひ下記から友だち追加してみてください!

友だち追加

【有益な情報を毎日配信中LINE@】

◀南国大学沖縄LINE▶
ID : @cab3659k
南国大学沖縄LINE@はコチラ

◀南国大学仮想通貨サークル▶
ID : @ekt8875h
南国大学仮想通貨LINE@はコチラ

【チャンネル登録お願いします!】

吉川将大YouTubeチャンネルはコチラ

【南国大学の生活って?】

南国ブログはコチラ

【南国大学instagram

http://nangoku.link/r/m823006

【南国大学沖縄facebook

いいね!リクエストはコチラ

【南国大学twitter

最新情報を配信中ココをクリック

【南国大学17 Live(イチナナ)】

南国大学の生活の裏側を生配信中

 

このページをシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*