#72 大城ガクト(GACKT)が作る暗号通貨SPINDLEについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南国大学のまさゆきです!

もうすでにかなり有名になってしまいましたが・・・

GACKTが仮想通貨のスピンドル(SPINDLE)のリリースを電撃発表したことが大きな話題を呼んでいますね。

スピンドル(SPINDLE)のICOはいつなのか、スピンドル(SPINDLE)はどのような仮想通貨なのか、GACKTとスピンドル(SPINDLE)はどのような関係性なのか、今後とても大きな話題性を呼びそうな仮想通貨ICOにると思われるので、スピンドル(SPINDLE)についてまとめて行きます!

※仮想通貨取引所の口座開設をまだしていない方はまずこの4つの口座を必ず無料開設しておこう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨スピンドル(SPINDLE)とは?

スピンドルとはGACKTが事業として発表した仮想通貨のコイン名である。

SPINDLEとは直訳すると、回転軸という意味であり、経済や金融、仮想通貨業界の軸になるという意味が込められているという。

スピンドルが掲げる仮想通貨としてのテーマは、
SPINDLE(スピンドル) は、ブロックチェーンとスマートコントラクト技術を用いた改竄不可能な透明性の高い情報をもった投資・運用のプラットフォームとのことだ。

仮想通貨スピンドル(SPINDLE)の公式サイト

ガクトによって自ら発表されたはこちらです。

スピンドル(SPINDLE)の公式サイト

スピンドルについて詳しく知りたい方は、スピンドルの公式サイトをいち早くチェックしてみると良いだろう。

今後のスピンドルのICOトークン発売日、ICOの資金調達状況、仮想通貨取引所への上場に関する情報、日本だけではなくアジア諸国をはじめとした世界へ向けたリリースに関する情報など、スピンドルに関する正式な総合情報を確認することができます。

GACKTのスピンドル(SPINDLE)に対する思い

仮想通貨は、
今までの小難しい金融商品よりも一般の人が入りやすいものだ。
今は投機的な一面がかなり大きいものの、
いずれ訪れる未来でもあり、
馬車がクルマに変わったことを
振り返り想像すれば、
未来の通貨を手に取ることに
それほど違和感はないはずだ。
貨幣が民主化される新しい時代において
通貨の信用を作るのは一般の人、一人一人の参加のみ。
世の中の一人一人の参加が通貨の信用を築き上げる。
そして、
それが投資にもなる。
仮想通貨を通して、
より多くの人が投資を体験するべきだと思う。
そして、
リテラシーを高め、
豊かなライフプランを実現させるための
資産運用を実現させる糸口を見つける。
今回は、
これ以上深いことを書かないが、
結局のところ、
『打席に立たなければボールは打てない』
観客のままでいるのか、
それともチャンスだと思い打席に立ってみるかは、
自分次第。

 

スピンドル(SPINDLE)が買える取引所

仮想通貨スピンドル(SPINDLE)が買える取引所については
2018年1月29日現在、まだスピンドル(SPINDLE)がどの仮想通貨取引所で取扱われていくのかは正式な発表がGACKTからも、スピンドル公式サイトからも伝えられていないため、まだ未定の状態となっている。

しかし、個人的には、バイナンスやビットトレックス、ポロニエックスなどの海外の仮想通貨取引所や、コインチェックなどの仮想通貨取引所でも「GACKTの仮想通貨スピンドル(SPINDLE)」が今後取扱われていく可能性は十分にあると見ている。

 

ピンドル(SPINDLE)のICO買い方

GACKTが携わるスピンドル(SPINDLE)のICOトークンの買い方について調べている人も多いと思うので、ICOトークンの買い方についても先にまとめておきます。

スピンドルのICOトークンは、ビットコイン、もしくはイーサリアムで買えるようになっている。

※このようなICOトークンを逃さずに買うためにも、仮想通貨取引所の口座開設は一刻も早く準備しておこう。

購入を希望している人はこのアカウントを追加して『ガクトICO』とメッセージをくれ!

スピンドル(SPINDLE)の特徴

GACKTの仮想通貨に対するヴィジョンが反映されているスピンドル(SPINDLE)は、今後キャッシュレス社会へと進んでいく世界の流れ、金融の流れにあわせた先見性の高い仮想通貨として考えられ、スピンドルならではの一番の特徴は、ミュージシャン・アーティストであるGACKTが手がけている仮想通貨であるという点だろう。

GACKTは、日本国内で人気タレントとして知られているが、その知名度は中国、韓国、タイ、インドネシア、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、シンガポールなど、アジア諸国でも人気が高いアジアのスターとしても知られている。

つまり、アジアのスターであるGACKTが販売を行うスピンドルは、日本だけではなくアジア諸国でも認知され、アジア諸国の投資家からも投資対象として注目されていく仮想通貨となるだろう。

このような観点からも、「GACKTの仮想通貨スピンドル(SPINDLE)」には注目しておこう。

仮想通貨スピンドル(SPINDLE)の公式動画

YOUTUBEに仮想通貨スピンドル(SPINDLE)の公式ショートムービーが3つも同時にアップされた。

ガクトによる「スピンドル」という声に意味深な映像が重ねられた動画となっている。

謎のベールに包まれた雰囲気となっているが、これからさらに全貌が明かされる動画が公開されていくのではないだろうか。

スピンドル公式動画1


スピンドル公式動画2

スピンドル公式動画3

まだまだ謎のベールに包まれた仮想通貨だが大きく期待の持てる通貨の一つとなりうるのでぜひ注目していこうと思います!

質問や南国大学入学のご希望がありましたら

LINE@かコメントにてお待ちしております!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新のICO情報、仮想通貨情報を受取りたい方は

ぜひ下記から友だち追加してみてください!

友だち追加

【有益な情報を毎日配信中LINE@】

◀南国大学沖縄LINE▶
ID : @cab3659k
南国大学沖縄LINE@はコチラ

◀南国大学仮想通貨サークル▶
ID : @ekt8875h
南国大学仮想通貨LINE@はコチラ

【チャンネル登録お願いします!】

吉川将大YouTubeチャンネルはコチラ

【南国大学の生活って?】

南国ブログはコチラ

【南国大学instagram

http://nangoku.link/r/m823006

【南国大学沖縄facebook

いいね!リクエストはコチラ

【南国大学twitter

最新情報を配信中ココをクリック

【南国大学17 Live(イチナナ)】

南国大学の生活の裏側を生配信中

 

【暗号通貨ジャーナリストが情報を暴露しまくる!】

友だち追加
南国大学の活動に賛同して下さる方、
これから色々な事に挑戦していきますので
お気持ちを届けてみませんか?

ビットコイン受け取りアドレス:0xA5F63A6be605eC4A47190fb9634FD9291d863B4C

このページをシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*